山岸和利 @ykzts@ykzts.technology

Google Domainsはドメイン名毎に管理するアカウントを複数紐づけることができるのがとても良いですね。

わたしがVALUE-DOMAINで管理しているドメイン名は今年中に全て別のところに移管する予定です。個人的には全てGoogle Domainsに寄せたいところなのですが、Google Domainsでは扱えないTLDがいくつかあるので、そうしたものはGoDaddyに移管します。

GitHubでとあるOSSプロダクトにPull Requestを送ろうとしたところ、このような表示が出てきました。これまでもコントリビューティングガイドラインへの導線はありましたが、あまり目につくようなものではありませんでした。かなり目立つものになっていますが、二度目以降の人には表示されなくなるようですし、とても良い変更なのではないでしょうか。

ちなみにGo自体はGitHubに依存しておらず、パッケージのソースコードがGitLab ( GitLab.com ではなく) などで管理されていても問題なくimportすることができます。あくまでGitやMarcurial、SubversionといったVCS経由でダウンロードできることしか求められていません。ただし現在の状況としては多くのパッケージのソースコードがGitHubで管理されています。なので、GitHubに強い依存をしていると言ってしまっても決して過言ではないでしょう。

山岸和利 boosted

コーテルイーナーホー on Twitter: "go-bindata の作者が GitHub アカウントを削除し、他の誰かが同じ名前のアカウントと go-bindata を作成しました。 現時点では新しいユーザが良い意味でアカウントを作ったという保証はないのでリポジトリを使用している場合は、まず確認する様にしてください。 t.co/OVtSyI1mWj" twitter.com/mattn_jp/status/96

数年前にGoが出たばかりのころに積極的に使おうと思わなかった理由の一つにパッケージのimportをGitHubに依存してしまっているからというのがあったことを思い出しました。そう考えていたことも忘れて、今のわたしはGoにのめり込んでいますが……。

IEでmain要素が認識されないことがある - Qiita qiita.com/NoxGit/items/df9d79d

「なぜ」もなにもとても単純な話でIE 11がリリースされた2013年にはHTML 5 (HTML 5.0) がまだW3Cから勧告されていなかったからですね。

knzk.me はたしかサーバーの物理的な位置を変更するために停止中なのですよね。事前のアナウンスがありましたし、接続できないのでは良いと思うのですがMastodonでは連合の都合上少し困ります。

MastodonのSidekiqジョブはHTTPのレスポンスを待つため、通信先に接続できない場合はタイムアウトするまでジョブが残り続けます。HTTPステータス503を返すようにしてもらえるとうれしいですね。

atcoder.jp/privacy プライバシーポリシーにはURLがHTTPSで記載されているので、おそらくHTTPSが真で良いのでしょうね。

atcoder.jp/atcoder.jp/ からリダイレクトするようにされていないのですね。PR TIMESに掲載されているリンクがHTTPでしたが、どちらが正しいURLなのでしょうね。わたしとしてはHTTPSの方が真であって欲しいと思うのですが。

プログラミング言語に好き嫌いがあるのは仕方がないにしても、上流へのバグ報告や提案をすることをせずに嫌味じみた悪口を言うのは好きではありません。

山岸和利 boosted

というわけで、転職したんですよ。

株式会社バンクで働きはじめました | うなすけとあれこれ blog.unasuke.com/2018/new-job-

0 dayの公開については反対の立場を取っています。なので実際に検証するのはともかくとしてMastodonやTwitterのような公開されている場にセキュリティー上の問題を書くことはしませんし、するべきではないと考えています。

A Tour of Go go-tour-jp.appspot.com/list

これまでA Tour of Goの日本語版はリストページが翻訳されていませんでしたが、日本語化されたようですね。これで日本のGo利用者がより増えて、Goの業務案件も増えていくと良いですね。

Pawooは非公開のGitHubリポジトリで開発を行っていて、定期的に公開用のリポジトリにpawooブランチのみをpushする運用になっているのではないかと推測しています。公開できない事情があることは理解できるのですが、コミットメッセージが非公開のリポジトリを前提としたものになってしまっているのは改善して欲しいと思っています。

非公開リポジトリで行ったPull Requestをmergeするときにmerge commitを作っているため、Pull Requestへの参照がコミットメッセージに含まれます。このせいで上流のリポジトリにあるIssuesやPull Requestsに関係ないコミットが表示されてしまっています。

公開リポジトリで開発をすれば発生しない問題ではあるのですが、最初から公開していないということは公開できない都合があるのでしょう。ただ開発用のリポジトリを公開しなくてもRebase and mergeを使うことによってある程度は解決するのではないかと思うので検討してもらいたいです。

github.com/mattn/go-mastodon/p
github.com/mattn/go-mastodon/p

ちょっとやりたいことがあったので、go-mastodonにPull Requestをふたつ送りました。

このインスタンス ( ykzts.technology ) で使っているMastodonのバージョンを2.2.0rc2から2.2.0にアップデートしました。

山岸和利 boosted

#Mastodon v2.2.0 is out:

github.com/tootsuite/mastodon/

✅ Pretty templates for all e-mails
✅ Welcome e-mails
✅ Improved digest e-mails
✅ Fixed home timeline bugs for returning users
✅ Number of follow requests displayed in a badge
✅ And more!

Mastodonのアクティビティを返すWeb API (/api/v1/instance/activity) ですが、週の基準はサーバーのタイムゾーンに依存するようですね。わたしのインスタンスや mastodon.social はUTCですが、Pawooや friends.nico はJSTのようです。各インスタンスの統計表示を蒐集して表示させる場合はちょっと工夫が必要かもしれませんね。

OSSによってご飯を食べさせてもらっている身としてはGitHubに一局集中してしまっている現状には大きな危懼を抱いていますが、それでもやはりGitHubの手間のなさにはどうしても助けられてしまうのです。