SSG (Static Site Generator) の機能を改善するgetStaticPropsやgetStaticPathsが導入されたNext.js v9.3.0がリリースされました。

getStaticPropsとgetStaticPathsは非常に便利なAPIです。contentfulのような外部のWeb APIと連携させた静的サイトを作る場合には必須の機能と言っても過言ではないでしょう。

また対になるAPIとしてgetServerSidePropsが追加されました。これはサーバサイドレンダリングさせたいページで使われます。これらのAPIが追加されたことにより _app.js や _document.js 以外で使われるページ単位でのgetInitialPropsは非推奨となります。

Release v9.3.0 · zeit/next.js github.com/zeit/next.js/releas

Follow

詳細については公式のドキュメントをご参照ください。英語ではありますがコードの例が丁寧に書かれているのでわかりやすいのではないでしょうか。

Data fetching - Documentation | Next.js nextjs.org/docs/basic-features

わたしが個人で開発している因幡神社というウェブサービスではNext.js v9.3.0で導入されたgetStaticPropsとgetStaticPathsが活用されています。contentfulのWeb APIから取得した情報を元に静的ページの生成が行われます。

github.com/inabagumi/inaba-jin

Show thread
Sign in to participate in the conversation
ykzts.technology

ykzts.technologyMastodonのコミッターの一人である山岸和利 (ykzts) が個人で使うために運用しているMastodonサーバーです。