Show more

「収支報告」というタイトルなのに支出しか書かれていなかったので収入についても記載しました。

2019年9月の収支報告 patreon.com/posts/2019nian-9yu

Mastodon v3.0.0がリリースされたのでちょっとした豆知識を共有します。

MastodonのDockerイメージ内で使われているパッケージは archive.ubuntu.com が使われています。ですがこの archive.ubuntu.com は日本からだと少し遅いのです。なので docker build の完了もそれにともなって遅くなっています。

--add-host="archive.ubuntu.com:2001:df0:2ed:feed::feed" のようなオプションを docker build 時に用いることによって速度の改善が図れます。2001:df0:2ed:feed::feed はJAISTさんの公開FTPサーバ ( ftp.jaist.ac.jp ) のIPアドレスですね。

Help translate #Mastodon into your language here:

crowdin.com/project/mastodon

The 3.0 release is coming really soon now so there isn't much time left but I will definitely import the latest translations right before.

#i18n

増税前にメガネを新調しました。レンズがちょうどあったとのことで即日の受け渡しでした。ありがたいですね。

少し前にメガネの鼻あてが片方だけ折れてしまったのですが、もう片方で支えられるのでそのまま使っていました。

しかし片方だけだと負荷が片側に寄ってしまうのでよくありませんね。鼻に変な跡ができるようになってしまったので増税前で良い機会だと思い。新しいメガネを購入しました。

さん関連のウェブアプリやウェブサービスの開発をしています。

わたしが作ったものは以下のページにまとめています。気に入ってもらえたらうれしいです。

Haneru Developers haneru.dev/

pixivで検索エンジン向けにDynamic Renderingを実装した話 - pixiv inside inside.pixiv.blog/mu-ko/7692

v2.4.0からv2.9.3までの間にspamの温床になりそうな脆弱性が修正された記憶がありません。少なくともv2.4.0よりも遥かに以前から同一IPアドレスで5分間の内にリクエストすることができるアカウント作成を含むログイン関連の操作回数には制限が設けられていますね。

これまで ykzts.technology/ で使っていたCloud SQLは0.6GBメモリのものを利用していましたが、1.7GBのものに変更しました。これによりちょっとした重いクエリも問題がなくなることが期待できそうですね。

去年の年始に書いた記事でも同様のことを書きましたね。

Mastodon New Year:新春特別企画|gihyo.jp … 技術評論社 gihyo.jp/dev/column/newyear/20

なんだったら可能性あるかなあ……ぜんぜん思いつかないけど。
ソーシャル全般と、その周辺ビジネスに関しては割と詳しい方だと思うけど、マストドンについては「ちゃんとした」レベルでお金を生む方法まったくルートがないようにみえる

Mastodon v3.0.0から追加される /about/more の目次 (ToC) は日本語との相性があまり良くありません。

リンクに使われるidは見出し (h2要素とh3要素) の文字列を元にして自動的に振られます。これはActiveRecordのString#parameterizeが使われているので日本語は無視されてしまいます。

このid生成はターゲットとなる要素にid属性がある場合は行われず、そのままid属性の値が使われます。なので日本語の見出しを使う場合は以下のように明示的なid属性の追加をすると良いでしょう。

<h2 id="about">このインスタンスについて</h2>

今回のspamがどういった形でアカウントを作っているのかわからない以上、Pawooさんの対応について批判するつもりはありません。現時点のMastodonでは対応できる範囲に限度があります。

またMastodonに限らずユーザーが自由に投稿することができるウェブサービスにおいてはspam対策というものはいたちごっこにならざるをえません。今後を注視していきたいですね。

少し前からSidekiqの再試行ジョブに「Aws::S3::Errors::InvalidArgument: Invalid argument.」というエラーが多発していたのですが、こちらの解消をしました。これはGoogle Cloud Storage (GCS) のS3互換APIがマルチパートアップロードに対応していないために発生していました。

Mastodonがメディアファイルのアップロードに利用しているgem「Paperclip」はAmazonが公式で提供するgem「aws-sdk-s3」を使っています。aws-sdk-s3ではデフォルトで15MiB以上のファイルをマルチパートアップロードします。これを無効にする方法はありません。

とり急ぎの対処としてPaperclipのオプションでs3_headersに「'X-Amz-Multipart-Threshold' => 40.megabytes」を追加し、マルチパートアップロードに切り替える閾値を増やして解決しました。Mastodonが対応するのは40 MiBまでなのでこの対処で当面は問題ないでしょう。

こちらのpixivさんのoEmbedサポート終了の件ですが、さきほど確認したところ復活していますね。ただの考慮漏れだったようですね。

Show thread

VRMはてっきり国際的な規格にしたいものだと思っていたのですが、VRM ConsortiumがGitHubで公開しているリポジトリではIssueでもPull Requestでも日本語が使われていますね。

「Hamlitを使ってない人、速度に妥協していませんか。 GitLabやMastodonもHamlitを利用しています」

k0kubun.hatenablog.com/entry/f Rubyで最速のテンプレートエンジンを作る方法 - k0kubun's blog

Show more

山岸和利's choices:

ykzts.technology

ykzts.technologyMastodonのコミッターの一人である山岸和利 (ykzts) が個人で使うために運用しているMastodonサーバーです。